女性のための保険入門 〜話題の女性の保険、良く知っておきましょう〜

女性のための保険入門 〜話題の女性の保険、良く知っておきましょう〜 > 女性保険を知ろう > 選び方のポイント

選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性保険を選ぶときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

若いうちから入るべきか?

 結婚もしていない20代のうちから女性保険を検討する必要はあまりありません。しかし、女性保険がカバーする病気は、若い女性でもかかる可能性が高いものもかなり多いのです。女性特有の病気の治療をしっかりとすることは、安心して将来妊娠・出産するためにとても大切です。もちろん、若いうちのほうが保険料はぐっと安くなりますから、「早すぎる」ことはないと言えます。

女性保険か、一般の保険か?

女性にとって心配な病気に保障がある分、同様の医療保険と比較して女性保険のほうが保険料は割高です。また、一般の医療保険に「女性特約」をつけて加入するという方法もあります。自分にとって本当に必要な保障は何か、よく考えて判断しましょう。

保障の内容

一般の保険にも言えることですが、入院保障に就いては特に「何日目の入院から保障されるか」やその詳細な条件は慎重にチェックする必要があります。また、「高額医療」「先進医療」の保険対象なども、会社によって異なります。少しでも疑問に思ったことは会社に問い合わせて明確にしましょう。

掛け捨てか、貯蓄型か

女性保険では貯蓄型のほうがやや人気があるようですが、これは結婚している女性が自分用の貯蓄を兼ねて、などのニーズが高いからと思われます。しかし、自分の病気への備えだけを考えるなら掛け捨てのほうが割安です。他の保険料の支出とのバランスなどを考えて慎重に決めましょう。
Twitterボタン