女性のための保険入門 〜話題の女性の保険、良く知っておきましょう〜

女性のための保険入門 〜話題の女性の保険、良く知っておきましょう〜 > ライフスタイルと保険 > 若くて独身、保険は必要か

若くて独身、保険は必要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若い独身女性なら、保険に入る必要をほとんど感じないかもしれません。特に、日ごろから「健康に自信がある」という人なら、医療保険で病気に備える必要もないと思うのは当然です。しかし、ひとつだけ押さえておきたいポイントがあります。それは、
「日ごろ健康である」なら、「妊娠・出産に何の問題もない」とは限らない
ということです。健康管理や適度な運動もしていて、もちろん健康診断で子宮や卵巣などにも何の異常がない、という女性なら、その後結婚して子どもを持とうとしたときに、不妊治療を必要としたり、流産したりする可能性は低いということにはならないのです。妊娠しにくい、また、流産しやすいといった傾向は、「予防」できる性質のものではないようです。

だからといって、将来のことはわからないので過剰に備える必要はないのですが、「私は健康体だから心配は要らない」というのは誤った思い込みであることだけは知っておきましょう。

若いうちなら終身保険の保険料は安く、審査でも何も問題なく加入できます。20代のうちから女性の人生を長い目で見て、経済的にも負担ではない保険料で入れる医療保険があれば、入っておくのもいいでしょう。医療保険の場合、結婚するともう不要になる、ということもありません。

また、ストーカー被害などを補償してくれる貯蓄型の女性向け傷害保険なども20代で検討に向いています。

話題の情報に興味をお持ちの方へ

Twitterボタン