女性のための保険入門 〜話題の女性の保険、良く知っておきましょう〜

女性のための保険入門 〜話題の女性の保険、良く知っておきましょう〜 > ライフスタイルと保険 > 結婚を控えた女性の場合

結婚を控えた女性の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚を控えた女性は、女性向け医療保険に関して「子どもを持つことを考えてから検討すればいいかな」などと考えていたら遅すぎです。「結婚間近」は一番の女性保険の加入の好機です。なぜなら、医療保険に加入するときは、以下のような質問があります。

★現在、妊娠していますか?
 これはなぜかというと、妊娠中で医療保険に加入した場合、出産の時には医療保険に入っている状態になりますが、赤ちゃんに関しては「特定部位の不担保」になってしまうのです。出産で帝王切開になったり、妊娠を原因とする症状に治療を要しても、保険料は支払われません。

また、以下のような質問もあります。

★過去×年以内に妊娠・分娩に伴なう異常で、入院したり手術を受けたことがありますか?(帝王切開を含みます)

これらの質問にYESと答えても入れる女性保険もありますが、その数は大幅に少なくなり、また、不担保条件もつきやすくなってしまいます。

結婚が決まった女性なら、「子どもはもう少しあとで」と思っていても、妊娠・朱さんの可能性は高くなります。「妊娠していない」ときにできるだけ早めに医療保険に加入することが得策です。事前に入っておけば、女性向け医療保険では、流産に伴う手術や帝王切開などに一時金など手厚い保障が得られるものが多いのです。せっかくの保障ですから、ぜひ100%有効に活用しましょう。
Twitterボタン